« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月26日 (水)

081125 西浜からの波便り

ピークにただ一人

セットセットのスウェルを待ち続ける

シフトするピークトップからテイクオフ

ボトムにおりる時間がスローモンションに変わる

ファーストターンでウォールを見上げ

セカンドターンでボトムにもどる

ウォールが消えビーチに向かって姿勢を低くして

ショアブレイクまで乗り込む

目をつむればよみがえるシーン

西浜にブレイクする東うねり

あふれる想いを胸に彼女が乗った

去年の秋から眠り続けるホームビーチ

僕は春一番が吹くのを待つ、待つ、待つ・・・

Dscf1021 P1010527_3 P1040426_2 P1060162

P1060534 P1060569_3 P1090019_3 P1090292

| | コメント (6)

2008年11月25日 (火)

081122 リポビタンDチャレンジ2008 秩父宮ラグビー場

P1170824

P1170829

P1170830

テストマッチ

JAPAN  ○32 (19+13)  vs (10+7)17●  USA

贔屓チームが目の前で快勝するシーンを見るのは本当に久しぶりのことだった。この感覚を再び味わう為に、いつまででもスタディアムに足を運ぶ・・・。

P1170794 P1170809_2 P1170828 P1170837

P1170840 P1170842 P1170847 P1170849   

| | コメント (0)

2008年11月20日 (木)

081120 トラスト3号地

早起きして大平山の裾野をめぐるトラスト3号地に行った。気温3度で霜の降りた寒い朝だった。

P1170774 P1170787

P1170750 P1170759_2

| | コメント (2)

2008年11月19日 (水)

081119 季節風

P1170723_3

P1170725_2

冬型の気圧配置となり木枯らしが吹くとあのピークを想う。冬の海に想いをはせる。

| | コメント (0)

2008年11月18日 (火)

081116 T-REEF D53 #60

P1170686

P1170681_2

P1170695_2

P1170720

  • ALMERIC 7’2 MSB
  • 13:45pm to 16:15pm
  • No wind to side on shore
  • Size: 胸肩set Over Head
  • DEUCE 3/4mm Full Suit

関西出張から深夜帰宅し、翌日曜日の11時に出発した。風は北西ベースで夕方の上げ込みの時間帯に期待した。ちょっと迷ったが6’ボードではなく7’2をチョイス。マッシーなスウェルにマッチして楽に波に乗れた。レフトピークには5名。ピークは良く掘れて、ボトムターンがショルダーに届かないとジュースセクションで姿勢を低くしてインサイドに抜ける。乙女ピークからだと楽にラインに乗れる。ライトPには二人。気にはなったが結局最後までレフトPでやった。波回りに恵まれストレスフリーなラウンドとなった。日が暮れて、ラスト1本をじっくり選ぼうと思った矢先に、セットセットが入り、ピークから乗った。レフトのエンドゾーンでライト方向にカットバックすると、リーフの上のジュースがリフォームされて、レギュラーの小波が現われる、膝下位になるまで乗ってから腹ばいになり、ビーチに向かっってフルパドルした。

P1170679 P1170709_3 P1170712_2 P1170718

| | コメント (0)

2008年11月11日 (火)

081110 蔵の立つ場所

P1170649

P1170675

P1170676

夢の千坪は近くて遠い場所だ。そして大平山が色づき始めた。

| | コメント (0)

081106-08 パシフィコ横浜

金融クラッシュの景気の谷間の展示会。イノベーションを形にしたマシンを3台出展した。次世代に向けての一歩を踏み出すグッドタイミングだった。ブース装飾はサーフレンズの青西君が上手にやってくれた。ウッツ・ナガキ・田口御大・じんちゃん・矢作等の友人達も来てくれた。2年後、またこの場所に戻って来よう!

Cimg0713

| | コメント (0)

081102 関東大学ラグビー 秩父宮ラグビー場

関東大学対抗戦

明治大  19 (6+13)  vs   (13+11)24慶應大

“ひなP“は高校まで明治ファンの早稲田卒。6月の上海。アイリッシュパブで彼が言った。杉本晃一はキャプテンとして優しすぎる。その言葉が今シーズン、ずっと僕の頭から離れない。明治は追い詰められているのに、開き直ることが出来なかった。慶應も固さが目立ち、良い状態ではなかった。監督とスタッフの存在は決定的なファクターだが、ピッチ上で戦うのは学生達だ。

P1170626

| | コメント (2)

2008年11月 2日 (日)

081101 TSUJIDO D52 #58-9

P1170549

P1170564

P1170598

P1170612

  • WAVERS 6’ 0 QUAD
  • 10:00am to 12:30pm
  • 15:00pm to 17:00pm
  • All day off shore wind
  • Size: 膝腰腹
  • Billabong 2/3mm Full Suit
  • Deuce 3/4mm Full Suit
  • With Uttsu, Ryoma & Genta

続きを読む "081101 TSUJIDO D52 #58-9"

| | コメント (2)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »