« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月27日 (月)

081022/25 B-LAND D48/51 #52/57

P1170487

P1170490

P1170493

P1170496

続きを読む "081022/25 B-LAND D48/51 #52/57"

| | コメント (6)

2008年10月21日 (火)

081020 Peppy at Jakarta

  • The Way We Were
  • What a Wonderful World
  • Feeling
  • Close to You
  • Besame Mucho
  • New York New York and more!

P1170459 P1170473 P1170474 P1170476

| | コメント (0)

081018 Saturday Lunch at Hong Kong

P1170449

| | コメント (0)

2008年10月15日 (水)

081013 Nat Young@西麻布73

P1150027

P1170381

P1170432

サーファーズ・コード プレゼンテーションパーティー

今年の5月にヴェンチュラに行った。憧れていたC-Streetでサーフし翌日はRinconへ。そこで見つけたのが ”SURFER’S CODE” 。ナット・ヤングの発案で全世界のビーチに広めることをライフワークにしているそうだ。・・・というストーリーをウッツの辻堂テラスで聞かされた。そして13番目の月が明るいハッピーマンデーにコアサーファー達が集まった。プレゼンテーションパーティーと肩書きは堅苦しいが、楽しいサーファーズパーティーとなった。有里知花さんのライブはスーパーで、菅沼プロカメラマンのスライドショーでストークした。池田潤プロとの触れ合いが嬉しかった。Tのピークメンバーの崎山隊長も参加してくれた。一緒に行ったマミは鹿児島出身で、ナットにポテトジュースを振舞われて嬉しそうだった。

翌日、ウッツはナットを連れてトップサンテでサーフしたそうだ。わざわざ電話をくれて、ナットとも話した。ほんのちょっとお手伝いをした僕へのウッツからのプレゼントだと思った。

P1170380 P1170394 P1170397 P1170400_2

P1170411_2 P1170416 P1170419_2 P1170433_3  

| | コメント (4)

081013 有里知花LIVE@西麻布73

P1170390

  • オリジナル
  • I Cry
  • Surf Riders Beach Party
  • 稲村サンセット
  • その他・・・

  • カバー
  • Close To You
  • Super Star
  • 涙のキッス
  • No Woman, No Cry

  • アンコール
  • No Woman, No Cry

素晴らしい歌声に触れた。ダイスケ君のMartin D-28はキラキラと鳴っていた。“涙のキッス”はシングアウトとなった。そして”No Woman, No Cry”はナット・ヤングに引っ張られて全員で歌った。

有里知花さん、ありがとう!

P1170389 P1170426 P1170438 P1170444_2

| | コメント (2)

081012 PAGE ONE LIVE PARTY

P1170348

鉄人の鉄人、西田さんの秩父工房での野外パーティーに初めて参加した。秩父ワインに酔いしれ、松田幸一ブルース・ハープバンドのライブを聴いた。ビスポ・シーン屋の新矢さんとそのお仲間とも自転車談義が花咲いた。帰りは山越えをした。遠い荒船山の山並みが美しかった。

P1170343 P1170346 P1170345 P1170358

P1170361 P1170363 P1170367 P1170372

| | コメント (2)

2008年10月12日 (日)

081011 T-REEF D47 #51

P1170328

P1170316

P1170324

  • WAVERS 6’ QUAD
  • 6:15am to 11:30am
  • Off shore breeze to no wind
  • Grassy face
  • Size: Head and overhead and more
  • Billabong 2/3mm Full Suit

今回は6’ボード1本だけを持ってきた。前線を伴った小さな低気圧が関東沖を移動しているのは知っていたが、これほどのサイズのスウェルがヒットするとは思わなかった。丘の上で夜明けのラインナップを見ながら、せめて6’6が欲しいとちょっとだけ後悔した。

レフトピークにはすでにレギュラーメンバーが顔をそろえていた。ラインを走るロブが僕に気付いて波の上から手を上げた。イングランドのアラも芸波さんとエントリーしてきた。数本乗ってからライトピークに移動しようと思ったが、結局3時間ほどサーフした。スウェルは続々とやってくるが、オープンなセットは少なく、ジャストピークからエンドゾーンまでメイク出来たのは数本だけだった。真冬の波と比べると面が柔らかくパワーも無い。

続きを読む "081011 T-REEF D47 #51"

| | コメント (4)

081010 NORTH K-REEF D46 #50

P1170282 

P1170264

P1170287_3

  • WAVERS 6’ QUAD
  • 15:15pm to 17:15pm
  • Side off breeze to no wind
  • Size: Head and overhead and more
  • O’Neil Seagull

エントリー時には8名いたピークメンバーは日没を迎える頃には4名になった。風がやみクリーンなフェイスが茜色に染まった。サイズの割にはパワーとスピードがない波だが、実力以上のムーブが決まる。

続きを読む "081010 NORTH K-REEF D46 #50"

| | コメント (0)

2008年10月 7日 (火)

ナット・ヤングに逢える夜

Nat_young_event_081013

| | コメント (0)

Nat Youngに逢える夜

Nat Young
Coming Soon!!

10.13(Mon.)18:00Start
With有里知花Yuri Chika &菅沼 浩Hiroshi Suganuma

日本初公開サーファーズコードプレゼンテーションパーティ

P1150026

Nat Young発案 サーファーズコードとは!!
ナットヤングが発案し、オーストラリア、カルフォルニア、フランスの有名なサーフポイントでは、すでにビーチにて設置されている、サーフィンの基本的なルールとマナーをイラスト入りのサーフボードの形をしたノーティスボードです。サーフィンの健全な発展を願い普及活動中です。今回のパーティーはこのボードを日本に設置していこうという運動を、ミュージシャンの有里知花さんと、フォトグラファー菅沼 浩さんのスライドショーと共に盛り上げていきます。

有里 知花 20030731_1_2

2001年7 月、アルバム『hana』でデビュー。デビューアルバムのリード曲、「I cry」はハワイのラジオ局で、リクエストチャート1 位を12 週間キープ。ハワイのレーベルThe Mountain Apple Company からハワイ限定でシングルリリースされ、現在までに4枚のシングルと4 枚のアルバムをリリース。 日本とアセアン諸国の文化交流の一環として、「J-ASEAN POPs」にて、日本代表としてテーマソングを歌う。また中国広東省広州市で外国人としては初めてのソロコンサートを開催。オリジナルアルバムは、アジアを中心とした世界各国でリリース。「100 万人のキャンドルナイト」に賛同して、江ノ島の頂上 の「ロンカフェ」で、完全なアンプラグドライブを行いその音源を自身のレーベルよりリリース。翌2007 年七夕には鎌倉長谷寺の観音堂で、再び賛同したアーティストたちと、キャンドルナイトライブを決行、広島の夏フェス「SETSTOCK’07」や、ウクレレピクニックライブなどに出演。

菅沼浩 (スポーツ・フォトグラファー)
神奈川県西湘在住。サーフィンをはじめ、スキー、スノーボード、ライフセービングなどのフォトグラファーとして活躍。人と自然が織りなす二度とない瞬間を追い求めて、世界の海と雪山を旅し続けている。スポーツ界の内外のトップライダーとも交流が深く、彼らの目線に近い自然体の作品には定評がある

10 月13 日(Mon)Open 18:00 / Fee : adv. ¥2000 , door ¥2500

Place : Bar & Lounge 73 港区西麻布2-12-5 4F.5F
Phone : 03-3406-8673 http://www.seven-three.com/info.html
Presented by BicSport &73
Cooperated by Legend Surfers Club

| | コメント (3)

081005 関東大学ラグビー 熊谷ラグビー場

P1170222

関東大学対抗戦

明治大  ○82 (47+35)  vs   (7+7)14●  立教大

ネット上に書き込まれた目利き達の選評はシビアだった。僕にとっては久方ぶりに見る遮二無二に前に出る紫紺だった。スクラムは力の差がありすぎたが、ホイールへの対策が見えなかった。ラインアウトは不安定。パススピードとバックススピードが遅いという指摘が多かったが、ミス少なくボールを動かしていた印象を強く持った。

立教は真摯なチームだ。歴史を感じさせる濃紺一色のジャージがハイセンスだと感じる。攻撃的な低いナイスタックルで明治のノッコンを誘う。彼らの開幕戦であった早稲田から2トライ、そして明治から2トライを奪った。今シーズン、何勝か上げるだろう。

P1170182 P1170186 P1170202 P1170220

P1170224 P1170227 P1170236 P1170245

| | コメント (2)

2008年10月 6日 (月)

081004 T-REEF D45 #49

P1170088

P1170105

P1170106

  • WAVERS 6’
  • 9:00am to 11:30am
  • No wind to side on shore
  • Size: 腰腹
  • O’Neil Seagull
  • With 19 & BE

イングランドのアラに会いにいった。7月6日のアニュアルサーフミート以来3ヶ月ぶりのT-REEFだった。僕にとって、このビーチは冬がメインシーズンとなる。毎年台風シーズンが終わると、ここの波を想って胸が高鳴る。

丘の上から見た美しいラインナップは、エントリーした途端にしぼんでいった。

12時の干潮に向かってコンディションが上向くと信じていたが、ライトのピークはサイズも波数もパワーも失っていった。

レフトの方がライダブルだった。引きに向かって潮が動き出すと、小一時間程ファンサーフだった。110くんが数本、僕が1本、ショルダーが長く張るセット波に乗った。パワーの無いツースモールな波達だったが、かろうじてショートボードでも楽しめた。そしてなによりも強い日差しの下で、久しぶりに会うピークメンバー達から声をかけてもらって、気持ちが温かくなった。

P1170086_2 P1170090 P1170098 P1170099

P1170112 P1170114 P1170115 P1170116_2  

| | コメント (5)

2008年10月 3日 (金)

081001 KAMAKURA D44 #48 by T15

P1170001

P1170003

P1170023

P1170053

  • RIP CURL 7’6
  • 15:00pm to 16:30pm
  • No wind
  • Size: 腰腹
  • DEUCE Tupper & Trunks

消滅した台風の残り香のような波に乗った。久しぶりに乗る7’6はまるでロングボードのように感じた。混雑するピークでセットの波を取るのは大変だが、波回りに恵まれ、ピークからの数本とインサイドからとで10本の波に乗れた。全ての波がマシンウェーブでビーチの上まで乗り込める。17時半の中潮の満潮の直前までセットが入ると思っていたが、16時半で終わってしまった。この場所は奇跡のようだといつも思う?!

P1170020 P1170018 P1170041 P1170043

| | コメント (4)

080928-29 VIENNA

P1160949

P1160836

ワルシャワからの帰りにウィーンに一泊した。世界のメジャーな都市の空気に一瞬でも触れてみようと思った。美術館をのぞき、ローカルなカフェで食事をして、街の中心部を30分で一周する路面電車に乗った。ハプスブルク家の街なんだと実感した。

| | コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »