« 080520-21 VENTURA D26-7 #28-9 | トップページ | 080520-22 Ventura & Santa Barbara »

2008年5月27日 (火)

080521-22 RINCON D27-8 #30-1

P1150026

P1150030

  • AM 6’10 FLYER
  • 17:45pm to 19:45pm on May 21
  • 10:30am to 11:30am on May 22
  • Strong side off and side on wind
  • Size: 腰胸 set Over head
  • DEUCE 3mm Full Suit

P1150031 P1150033 P1150044 P1150040

P1150038 P1150043 P1150034 P1140867

サンタバーバラのチャンネル・アイランズ・サーフショップで最新のボード達をじっくり見た。7’のリーシュとノーズチップとウェアー類を買った。ショップスタッフは、明日は期待出来るという。

1984年5月に初めて訪れたパーキングスペース。今回で5回目位のリンコンだ。前回は2005年5月だった。SURFERS RULE のパネルが立てられていた。

ポイントは風を交わしているが、沖で強く吹く横風の為にラインが揺れている。それでもオープンの波が混じっていて、ロングライドが出来る。

6’10のボードには6’のリーシュでは短すぎる。7‘でレールのカラーに合わせたレッドの新品に交換し、ノーズチップも取り付けた。LAに置きっぱなしの中古ボードだが、アクセサリー類が自分流でないと集中出来ない。

夕暮れが深まるにつれて風がやみ、フェイスとラインが綺麗になった。スモールだがパワフルで、いい位置からテイクオフするとビーチフロントまで延々とラインが走る。ビーチを歩いてトップまで戻るサーファーが多いが、僕は黙々とパドルバックした。この場所でサーフすることの幸せをかみしめた。

約束の翌日はスウェルダウンした。しかしピークには1984年にサーフした時にもエントリーしていた、当時のトップ女子プロの彼女がいた。名前を思い出せないが、綺麗に歳を重ねた彼女は、アル・メリックのショートボードで素晴らしいライディングをしていた。僕はというと異国での疲れが出たようで、なかなかテイクオフが決まらなくなってしまい、釈然としないままにビーチに上がった。帰りのフリーウェーからリンコンを見ながら、また来ようとつぶやいた。

|

« 080520-21 VENTURA D26-7 #28-9 | トップページ | 080520-22 Ventura & Santa Barbara »

コメント

>ryoma

トム・カレンムーブのサーファーがいまだにいっぱい
います!

CAはライトの波が多くて、レフトのメジャーポイントってあまり思いつきません。

リンコンは歴史をたたえた美しいポイントです!

投稿: レジェ | 2008年5月29日 (木) 12:06

レジェさん
素晴らしい旅ですねぇ~!
アルのブラックビューティーを持つサーファーに
今更ながら痺れました。
ローカルが集う小屋も雰囲気があって最高ですね!
我が小屋も流れ着いた流木なんかで組み立てる事が出来たら
なぁ・・・
6’8”のフライヤーで鳥のように羽ばたいて
リンコンの波と戯れるなんて素敵です!

投稿: ryoma | 2008年5月29日 (木) 09:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 080520-21 VENTURA D26-7 #28-9 | トップページ | 080520-22 Ventura & Santa Barbara »