« 071101 ランナーとしての10月 | トップページ | 071104 T-REEF #53 »

2007年11月 4日 (日)

071103 関東大学ラグビー 秩父宮ラグビー場

P1120083

関東大学対抗戦グループ

  1. 明治大 29 (17+12)  vs   (17+12)29  慶應

勝てた試合などこの世にはない。ただ勝てなかった事実が残るだけだ。ノッコン、ノータッチとなるペナルティーキック、イージーな位置からのコンバージョンミス、モールオブストラクション、スローフォワード等など、勝負の綾は複雑に織り成す。僕たち観客は体感できないが、プレーヤーは物理的に心理的に極度なプレッシャーを受けながらプレーしている。四の五の言うべきじゃない!

双方のチームが自分たちの信ずるところのプレースタイルを真っ向からぶつけ合った、素晴らしいゲームだった。贔屓(ひいき)チームのことを思って一週間も前からプレッシャーを感じている僕。スタンドから見つめるゲームには心底心が痺れる。毎年の113日の定期戦。僕は幸せなラグビーウォッチャーだ・・・。

|

« 071101 ランナーとしての10月 | トップページ | 071104 T-REEF #53 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 071101 ランナーとしての10月 | トップページ | 071104 T-REEF #53 »