« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月28日 (水)

070328 桜色

P1090497

アンジーの“桜色”がFMではヘビーローテーションされている。ほんまに良か曲だ!

画像は今朝開花した会社の桜。昭和44年の植樹なので樹齢38歳。毎年、都心より一週間位開花が遅い。来週の月曜日の入社式には五分咲きかな?

| | コメント (4)

2007年3月26日 (月)

070326 Home Beach #17

P1090488

  • HOKLEA 6’6
  • From 6:00am to 8:00am
  • No wind
  • Size: Head half and more
  • 5mm Full Suit

土曜日から吹き始めた春三番の南西風は日曜の午後にやんだ。シネマ“ホリデー”を見て日曜日の午後を一人やり過ごし、午後遅いビーチをチェックしたが、サイズが大きく波数が多すぎてピーク定まらずエントリーをあきらめた。

今回はビッグウェーブを想定して7‘6ガンを持参したが、土曜日にホクレアの6’6ボードを林師匠にチューンしていただいたので、躊躇無く6‘6を自転車に乗せた。エントリーするちょうどその時に三浦半島より太陽が昇ってきた。広いビーチにはイーストエンドからウェストエンドに既に4名ほどがピークに入っていた。センターのピークに入るといきなりモンスターレフトのセットセットが入った。ビーチからチェックした印象とその実際のサイズのギャップに気持ちがへし折られる。それから小一時間、ポジションが取れずに乗れない。先に入っていた隣のピークの若いサーファーは乗れている。気持ちが焦る。与えられた波に乗れ!自分の為に乗れ!と、言い聞かせる。そしてセットのピークから行けた。その直後のセットにも乗れた。インサイドであの若いサーファーと一緒に巻かれて、沖を目指してパドル。僕は体重が有りパドルは早くない。それなのに僕の方が断然早い。ポジションのせいなのか、一昨日のマジックチューンのせいなのか?テイクオフが早いと感じるしターンも軽い。気のせいなのか?師匠への信頼感のなせる業(わざ)なのか?

7時45分に満潮を迎えた。センターの波数が急に減った。ウェストエンドと漁港側のイーストエンドにサーファーが固まる。イーストでは満潮を迎えてもサンドバーにスウェルがヒットしてチュービーな波がブレイクしている。センターの強烈なピークからのテイクオフの印象にとらわれて、こちら側でのセッションに気持ちが入って行かない。

しばらく波打ち際で再エントリーしようかと迷ったが、イメージ通りの2時間を過ごせた事で良しとした。

P1090487 P1090492

| | コメント (8)

070324 HOKLEA FACTORY

6’6ボードのチューンを林利夫師匠にしていただいた。ジュースセクションでの抜けを良くしたいと言う、僕の不遜なお願いを快く受け入れてくれた。自分の未熟さを棚に上げて、まったくずうずうしいお願いだ。

P1090473 P1090474 P1090478 P1090479

| | コメント (0)

2007年3月23日 (金)

070322 T-REEF #16

P1090431 P1090443 P1090449 P1090452

P1090456 P1090460 P1090461 P1090463

  • RIP CURL 7’6
  • From 15:00pm to 17:30pm
  • Side on to no wind
  • Size: Over Head and more
  • 5mm Full Suit with boots, groves

昨日の春分の日はエントリー出来なかった。先週から届いているアリューシャン低気圧からのスウェルでビッグデーだったと聞いた。イッキュウはコアメンバー達がD-REEFにアプローチするのを丘の上から見たが、ルートが分からずいつものレフトに入ったそうだ。

風が弱まり潮が上げに向かう夕方の時間帯を狙って、K-REEFを目指した。14時に到着したが潮がデッドローでうねりの向きも定まらず、T-REEFに戻ることにした。2キロ南のめったにサーフされないポイントには風をかわして素晴らしいラインナップが押し寄せていたが、一人でエントリーする訳にもいかなかった。

ウメちゃんの家の前からD & T-REEFをチェックした。サイドオンの風で面は良くないがオープンなラインが出ている。無人のT-REEFレギュラーポイントにソロエントリーするのはいつでも憂鬱だ。それでも今日は数を乗る意気込みで最愛の7’6のガンを選んだ。

18本テイクオフして13本をどうにかメイクした。ロングランは5本あった。イージーな波ではなかった。ピークから行くと超レイトとなり、ショルダーからだとボトムにジャンプインするようだ。2本目は最高のテイクオフが決まったと思った瞬間、ボトムにノーズが吸い込まれパーリング。物凄い巻かれ方だった。7本目はセットセットのピークからボトムに吸い込まれ背中から惨めなワイプアウト。まったくのビギナーになった気分だった。そしてあっという間に日が暮れ、背中から真っ赤な夕陽を受ける。もう少しチャージしたかったが、このポイントでは余禄を残してビーチに向かわなければいけない。ソロセッション中にトランペットの音が聴こえてきたが、駐車場は無人だった。浜にはカジメの影も形も無い。昨日の祭日に総て拾われたのだろう。

| | コメント (4)

2007年3月21日 (水)

070321 春分の日

今日は出勤日。2008年新卒採用の為の第4回会社説明会に学生達がやって来る。飾らずに会社理念と未来予想図を熱く語るのが僕の役目。その後詳細なプレゼンとプラントツアーを採用委員5名が行う。

僕のブログを見ている方々からよく聞かれる。仕事はしているんですか?いつ仕事しているんですか?確かに自分の回りを見回してみても僕ほど気儘に生きている人は少ない。ルーティンワークは無いし外線もほとんどかかって来ない。それでもちょっと気を抜くと仕事にとらわれる。寝ている間も脳がフル回転してしまう。そんな時、サーフィンに出逢えて良かった!サーファーで良かった!と、つくづく思う。

僕の信頼するバンカーからパサートワゴンのミニカーをいただいた。ワーゲンデリバンのミニカーは弊社のマシンユーザーである香港籍の巨大ミニカーメーカーの40周年記念モデル。東京タワーの真下に位置する機械振興会館に所属団体の事務所が有る。理事会後に春の月と東京タワーのコラボをシュートした。そして今年は毎月アジア各国に出張している。3/6-10の日程で4年ぶりにバンコクを訪れた。政治は揺れても王制の下で経済はしっかりだと実感した。

P1090428 Dscn1394 Dscn1405

| | コメント (8)

070320 渡良瀬トライアスロン

昨日、“渡良瀬遊水地ふれあいトライアスロン”(ショートレース)への参加申し込みをした。今シーズンの初レース。ナガキと一緒に参加する。レースの日程が決まると身も心も引き締まる。ウィンターリバウンドを受けてただ今体重76キロ。ショートボードも調子悪い。精進して体重を減らすぞ!!

03/20  Mill Run: 4.7Km/jog  Swim: 500m

03/15  Bike Ride: 26Km/66min  笛吹峠2周

   水野治療院:脹脛針治療

03/14  東京体育館 Swim: 3000m with ナガキ

03/03  ひな祭りライド: 25km

02/26  Run: 3.5km/25min

02/23  東京体育館 Swim: 2000m with ナガキ

Dscn1397 Dscn1398 Dscn1399 Dscn1401

| | コメント (2)

2007年3月19日 (月)

070318 T-REEF #15

P1090407

  • HOKLEA 6’6 & 9’0
  • From 9:00am to 13:00pm
  • Side on to offshore wind
  • Size: Head and more
  • 5mm Full Suit with boots, groves & cap

早起きが出来なかった。丘の上から見たライトウェーブは完璧なシェープをしていた。駐車場に着くとコアメンバーが波乗りを終えて着替えている。イッチーもすっきりした笑顔で上がってきた。エントリーすると風がサイドオンになっている。昨日に引き続き乗れない。レギュラーに移動してみたが状態はもっと良くなかった。その内に風がまたまた変わり面が良くなったが、オフショアーが強すぎて乗れない。このままでは終われないとシリアスな気持ちでビーチに上がり、ロングボードを取り出して再エントリーした。ポイントにはカミ君が一人だけ。波数は少ないがたまに来るセットは素晴らしい波だった。ロングでのテイクオフは楽しかった。ようやく平常心を取り戻してビーチに向かった。浜で今夜のお風呂に入れるカジメ(海草)を拾った。

P1090392 P1090405 P1090415 P1090421

| | コメント (2)

070317 T-REEF #14

  • HOKLEA 6’6
  • From 13:00pm to 17:00pm
  • Side on to offshore wind
  • Size: Head and more
  • 5mm Full Suit with boots, groves & cap

風が冷たく水も冷たい。湘南とのギャップが思いの他大きかった。ブーツと水温にやられてぜっ不調だった。ピークが定まらないマッシーな(厚い)波と、風に煽られるフェイスでテイクオフが決まらない。どんどんどんどん調子が落ちていく。日が暮れかかって風がオフに変わった時にはヘトヘトでヨロヨロだった。

今日はイングランドからアラさんがビーチにやってきた。夜は楽しい飲み会だった。イングランド・ウェールズの波乗り事情をお聞きした。そして2007ラグビーW杯のことも!その夜はウェルサンピアに泊まった。

P1090385 P1090386 P1090387 P1090388

| | コメント (2)

2007年3月12日 (月)

070311 HOME BEACH #13

P1090330_1 

  • HOKLEA 6’6
  • From 13:00pm to 16:15pm
  • Offshore wind
  • Size: Over Head and more
  • 5mm Full Suit without boots
  • With Asayan & Ikkyu

午後の干潮に合わせて茅ヶ崎ハウスに向かった。夜明け前にフラットだった湘南が南岸低気圧の通過に呼応してジャンプアップ。風がオフショアーに回ったのが午前10時位?第三京浜が事故渋滞の為に川崎ICで下り、綱島・新横浜を抜けて三沢から横浜新道に乗り返した。イッキュウから電話が入った。彼も湘南に向かっている。

もしやと思い、いつものリーシュとビッグウェーブ用の7‘のリーシュを自転車のカゴに乗せた。ビーチではエントリー前の入念なストレッチをしているアサヤンを見つけた。漁港側からゲッティングアウトし、人混みを避けて正面のエグいライトのピークに入った。14時半の干潮に向けて状態がどんどん良くなってくる。ドンピシャのポジションでないと乗れない。ショルダーからだと乗りづらい。ワイドな波とピークがはっきりした波がシフトしながら混在してやってくる。深いボトムターンが物凄く気持ちいい。ショルダーが厚くなるのでラウンドハウスカットバックの連続。インサイドをかっ飛ぶライドにはならない。サイズが一番出た時間帯にはセットセットの波が4本ずつ来た。それも3本までドルフィンで抜けたのに最後の波を食らってしまうような素晴らしいセットだった。この時間帯に最大セットのピークから行けるチャンスが3回有ったが3回ともボトムに目が眩んで板を引いた。もの凄い敗北感。ちょっとでも躊躇したら行けない。降ってもかまわない勢いでないと乗れない。

このボードでやれるところまでやってみたい。1997年製のリップカールの7‘6であればもっと楽にテイクオフが決まるけど、もう少しやってみたい。今日はゲッティングアウトで一度もボードを離さなかった。テイクオフのスタンディングポジションが一発で決まらない場面が多々有ったけれど、パーリングもワイプアウトもゼロだった。僕なりに充実したソロセッションだった。イッキュウは漁港側のテトラルートからのゲッティングアウトを繰り返して、いつものように数多く乗った。インターミッションではサオリン達に会えた。ミホちゃんからは温かいカフェオレのペットボトルをいただいた。とっても感謝!帰りがけに飲みかけのボトルを回収したからネ!

西の空からふりそそぐ日差しで逆光のビーチが心に染みた。

P1090291 P1090293

P1090310 P1090316

P1090327 P1090350

| | コメント (15)

2007年3月 5日 (月)

070304 茨城ONビーチ #12

P1090271 P1090279

  • HOKLEA 6’6
  • From 10:00am to 13:00pm
  • Side onshore wind
  • Size: Head and more
  • 5mm Full Suit with boots & groves & cap
  • With Iwashi & Ikkyu

T-Reef in the northはクローズだった。フーの折れたスリーストリンガーボードを見て心が萎えた。波情報を頼りにビーチに移動した。マッシー(厚い)なスウェルはショートボードを容易には受け付けてくれない。テイクオフが難しく数が乗れずフラストレーションを感じた。水温はこの時期としては温かく、暖冬を実感させられた。

| | コメント (2)

2007年3月 1日 (木)

070216  MIRAI LIVE

東京体育館でナガキと2000M泳いだ夜、六本木 Bravebar へMIRAI LIVE を聴きに行った。去年の4月15日、ナナカフェでの AIR LIVE にゲスト出演してくれて以来の再会だった。久しぶりのMIRAIの歌声はパワーアップしていて素敵だった。その夜、彼女は8曲歌った。

MIRAI HP

P1090171 P1090165 P1090170 P1090160

| | コメント (3)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »