« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月30日 (土)

061230 NORTH T-REEF

P1080364

P1080376_1 

  • HOKLEA 9’ from 8:30am to 12:30pm
  • No wind to straight Off Shore
  • Size: Head over plus and more
  • Suit: 5/3mm Jipless, booth and grove

レフトにはカズゥの他に数名。遅れてボビーも入ってきた。90分程サーフしてからロブがエントリーしているレギュラーポイントに移動した。やはりレフトの波よりウォールが立ち、巻きもきつくてスピーディーだ。一瞬ロングをチョイスしたのを後悔したが、ダブル近いお化けセットのテイクオフも余裕でメイク出来る。ただし満足度は低い。7’6のガンでレイトテイクオフを決めて、ボトムターンからトップターンをしたり、ラウンドハウスカットバックが決まったりの方が楽しいに決まっている。インサイドウォールでは、チーターファイブをかけるともの凄いスピード感だった。

お化けセットが鳴りをひそめた頃合いでレフトポイントに戻った。そして手塚師匠とS-Joeくんと3人だけで淡々とサーフした。レギュラーポイントのパワーブレイクで消耗してパドルに力が入らず小一時間でビーチに上がった。浜にはカジメ(海草)が沢山ビッグウェーブで打ち上げられている。手頃な根付の束を拾い海水で洗った。家に持ち帰ってカジメ湯にする。お風呂の水が真っ黒になるが潮の香りと海草のヌメリで体が芯まで温まる。冬の贅沢な楽しみと気に入っている。

2006年のイヤーエンドサーフは素晴しい波に恵まれた。来年もグッドウェーブにいっぱい乗れますように!

P1080356 P1080357_1

P1080358_1 P1080359_1

P1080360 P1080361 P1080336 P1080338

P1080343 P1080346 P1080354 P1080369

P1080377 P1080387 P1080388 P1080397

SO MUCH IN LOVE !

| | コメント (14)

2006年12月28日 (木)

061227 DEUCE ジップレス

P1080317 P1080314

先週、DEUCEから新調したジップレス5/3mmフルスーツが届いた。ついでに3シーズン着込んだMAXIM5/3mmセミドライの修理も仕上がってきた。まさかTHE K-REEFで初使用するとは思ってもみなかった。朝から気温が上がりニュースーツを着てボードにWAXダウンしただけで汗ダクになってしまった。ところが水温はピリッと低く、温かい大気と明るい陽光と相まってカルフォルニアサーフィンのようだった。海の中では近江くんからスーツの調子を聞かれた。どこにも違和感が無く、特に肩口が軽くてパドリングが楽だ。これじゃジッパータイプはもう着れないなと思った。僕が持っている4mmフルジャーはネックカバーを肩口で留めるタイプだが、ニュースタイルは逆側から胸元で留めるタイプに変更されていて、明らかにユーティリティーが向上している。ただしスーツを脱ぐ時には、まず腕をスーツ内に引き込んで組むというコツが必要。福澤くん、最高なフルスーツをありがとう!

| | コメント (6)

061227 THE K-REEF

P1080296

P1080289 P1080302

  • RIP CURL 7’6 from 9:00am to 12:30pm
  • No wind to strong onshore
  • Size: Overhead and more
  • Suit: DEUCE new 5/3mm full suit

確信は持てなかったが年末ストーム後のチャンスをピンポイントで掴まえた。フェイスはクリーンではなく、サイズもなかったが、セットの波はリアルな状態だった。体調を整えるために海行きをがまんしていたので、2週間ぶりのエントリーだった。最初の一時間はフィットしなかったが、徐々に調子が上がった。

続きを読む "061227 THE K-REEF"

| | コメント (2)

2006年12月26日 (火)

061225 Christmas Ride

P1080283

体からのシグナルを受けて、2週間程トレーニングもサーフィンもお酒も控えて、休養に努めた。10月の村上国際のショートレースでは脹脛(ふくらはぎ)の不調を押して走った。体の疲労が抜けないまま向かったバリ遠征では、初日のBリーフのビッグウエーブの一発目のドルフィンスルーで股関節に違和感が走り、今まで引きずった。そして世に言う五十肩のような鈍い痛みを右肩に感じるようにもなった。僕は体からのシグナルが無ければ休めない愚か者だ。気が付くと股関節の違和感も肩の奥深い痛みも霧散している。気持ちも上向き、来年のサーフトリップとトライアスロンやマラソンレースの年間スケジュールを立てたりしている。1221日に52歳の誕生日を迎え、嬉しいメールやコメントを沢山いただいた。本当にありがたく感謝の念で一杯ですっ!

自宅/遠山峠/笛吹峠/自宅 

Bike: 21km/53min.  23.1km/H   Max. 61km  OD. 1220km

昨日の午前中、秩父宮ラグビー場に向かう道すがら、御徒町のOD BOXART SPORTSに寄った。真冬のバイクライドに備えて、サロペットタイプロングパンツ・アンダーキャップ・シューズカバーを購入した。グローブとジャケットは夏シーズンに“ビスポ・シーンや“で買っておいた。画像に写っている防塵メガネは、会社の工場で使用されているものを流用してみたところ、フィット感がとても良くて気に入っている。そしてニューシューズも購入した。超幅広のアシックス製で、一昨年から使っているニューバランスのアップシューズより大分軽い。主にジムでのミルランに使用してLSDの距離を重ねたいと思っている。

明日から年末ストームがやって来て雨模様になるとの予報を受けて、昼下がりにウィンター仕様での初ライド。体もグッズ類も違和感無く、不都合無く、気持ちの良いライドだった。

| | コメント (2)

2006年12月25日 (月)

061224 ラグビー大学選手権 秩父宮ラグビー場

P1080215

P1080256_1 P1080264_1

二回戦

関東学院  29(10+19)  vs   (03+07)10●  東海

早稲田   ○33(28+05)  vs   (05+17)22●  慶應

関東学院は一瞬の隙をつくトライで東海を突き放した。

早稲田は前半の首藤の快走と言うか怪走で主導権を握った。五郎丸からのラストパスを受け取ってからのライン際での加速が凄い。今シーズン公式戦初出場なんて信じられない。後半は慶應のスピリチャルな低いタックルが素晴らしかった。

花園での明治の敗戦を秩父宮のバックスタンドで知った。夏の菅平での法政戦から今日までの流れを噛み締めた。大阪体育大の国立での準決勝進出は17年ぶりとのこと。空飛ぶウィング、世界の坂田監督の喜びはひとしおだろう。流経、そして明治の分まで、その力を関東学院にぶつけて欲しい。

| | コメント (2)

2006年12月21日 (木)

061221 WHAT’S UP !

毎年誕生日の前日には SURF BEFORE BIRTHDAY と銘うって、一人で海に行き、しみじみと波に乗るのを楽しみにしていたのだが、今年は行けなかった。先週から右耳の外耳炎と寒冷蕁麻疹を併発して、ちょっと参っている。この一年間の疲れが束になってやって来たような感じがしている。ちょっと休め!という事なんだろう。幸い回復に向かっているので、これまた毎年恒例の晦日(みそか)サーフに向けて、体調を整えたい。

ナガキへのレポート

来シーズンに向けてソロリソロリとトレーニングを始めたヨ。ショートを数レースとミドルを1レース、ロタブルーショートと、最後にホノルルマラソンを歩かないで完走したいと、漠然と思っています。来年から東京体育館での月例スイム会を再開、ヨロシク!

1216

Outside walk and Jog: 5km

1214

Mil Run: 40min  Swim: 500m   

1213

自宅/大平山峠/笛吹峠/森林公園  Bike: 21km/55min.

Mil Run: 35min  Swim:500m

| | コメント (14)

2006年12月18日 (月)

061217 ラグビー大学選手権 熊谷ラグビー場

P1080070

一回戦

明治大  29(10+19)  vs   (0+17)17●  大東大

負けたらシーズンが終わるトーナメント公式戦は、本当に痺(しび)れる。このピッチは2002年度伊藤太進主将率いる明治チームが、近畿大学にロスタイム逆転で一回戦負けを喫した同じピッチだ。その試合は僕にとっていまだに心に刺さった棘のようなゲームだ。

続きを読む "061217 ラグビー大学選手権 熊谷ラグビー場"

| | コメント (4)

2006年12月14日 (木)

061214 ラグビー大学選手権 大東大

一回戦を控えての練習

熊谷ラグビー場での対明治戦を12/17に控えた大東大。東松山市高坂キャンパス内にある新装成った人工芝のピッチは、会社から4キロの距離に有る。チームカラーはとっても明るい。練習前のタッチフットでは笑い声が絶えない。13時半にシナリ・ラツゥ監督が登場し、フォワードとバックスに分かれて練習開始。バックスには大草コーチが付く。悲壮感は露ほども感じられず、自由な空気が充満しているように感じられた。クリーンでフェアーなナイスゲームとなりますように!

Dscn1335 Dscn1338 Dscn1339 Dscn1350

| | コメント (4)

2006年12月13日 (水)

061212  マグーミート冬

業界団体の理事会に出席する為に銀座へ。数寄屋橋阪急MOZAIC内のHMVで、中島美嘉・THE END Nana starring Mika Nakashima、松田聖子・Eternal 280年代のバラードカバー集)、スキマスイッチ・夕風ブレンド(アルバム3作目)、Neil Young LIVE AT THE FILLMORE EAST in 1970、チェット・ベイカー・Chet+1 withビル・エヴァンス、COOL STRUTTIN’ by Sonny Clark in 1958、計6枚を購入した。

2006年のマグーでの忘年会には、イッキュウ・ヒデ・オーノ・カットヨ・ミネ・清三郎・イイノ・有、フー・あゆ・よしこちゃん・綾・なっちゃん・クロマミ・マホ、椿カップル、湧井&ゆきさんカップル、19名が集まった。その内11名がサーファー。僕が帰り際に“なごり雪”を歌ったら大合唱になった。マグーのケイちゃんと隆一には、グッドホスピタリティー、ありがとう! また来年もヨロシク。

| | コメント (2)

2006年12月11日 (月)

061210 茨城Tリーフ

P1080023 P1080026 P1080033 P1080036

  • HOKLEA 9’ from 10:00am to 13:30pm
  • No wind & 快晴
  • Size: 胸肩 Face rough
  • Suit: 5/3mm full suit
  • With Ikkyu

フェイスはラフでまとまりの無い状態だったが、波数が多くセットを選べばロングランでファンサーフだった。マイブログにコメントをいただいているイチハラ君から、お声をかけていただいた。ロンガーにまじってショートボードで波を捕まえている。

最近は9”のフィンを使用していたが、今日は7”の林利夫さんオリジナルフィンに戻してみた。効果適面でターンが軽く調子が上がった。何本かセットセットのピークからエンドゾーンまでメイクすることが出来て、嬉しかった。

| | コメント (6)

061209 茨城Tリーフ系忘年会

P1070998

今年で5回目の会と聞いた。去年も一昨年もクリスマスイブの開催の為断念したが、今年は初参加を果たした。ピークや駐車場で触れ合う仲間達との忘年会は最高に楽しく盛り上がった。

続きを読む "061209 茨城Tリーフ系忘年会"

| | コメント (2)

061209 ノースTMビーチ

  • HOKLEA 9’ from 12:00pm to 14:30pm
  • Off shore wind & 小雨
  • Size: 腰はら
  • Suit: 5/3mm full suit
  • With Ikkyu

Tリーフはやませの風(北東風)が入り、Kリーフは風をかわしているもののツースモールで、予定通り北上した。TMビーチの西端は風を受けているが、正面とリーフはクリーンだった。冷たい小雨が降りそぼり、気温は4度で気持ちが萎えるが、気合を入れなおしてウェットを着た。真冬用のブーツとグローブにキャップもかぶった。もっともノーブーツ・ノーグローブのサーファーがそこかしこにいて、ちょっと気が引けた。セットのピークからインサイドにつなぐと、ビーチブレイク特有のスピード感を感じた。

正面右側のアウトサイドに作業船がやって来て、クレーンで大きめな砕石を投入し始めた。目的は不明だが、テトラブロックを投入する為の土台作りかもしれない。この美しいビーチにテトラが出現することを想像しただけで、絶望感に襲われる。

P1070845 P1070856 P1070859

| | コメント (2)

2006年12月 7日 (木)

061204 ノーサーフ茅ヶ崎

FELTのクロスバイクとママチャリで西浜に夕陽を見に出かけた。

P1070813 P1070815 P1070807 P1070841

| | コメント (6)

2006年12月 4日 (月)

061203 関東大学ラグビー 国立競技場

P1070759

早明戦

明治大  ●21(0+21)  vs  (17+26)43  早稲田大

早稲田チームは素晴らしい仕上がりだった。50点ゲームを覚悟したが、勝敗が決した後の時間帯で、明治がゾーンに入ったようなプレーで得点した。試合直前に狂気の精神状態(ゾーン)に持っていけなければ、充実の早稲田とはゲームにならない。ただし明治には、歴史的にそのようなマインドコントロールの術(すべ)を持ち合わせてはいない。僕には藤田HC(ヘッドコーチ)の沈鬱な悔しげな表情が救いだった。

続きを読む "061203 関東大学ラグビー 国立競技場"

| | コメント (2)

2006年12月 3日 (日)

061202 茨城Tリーフ

P1070674

P1070711

  • HOKLEA 9’ from 10:00am to 13:00pm
  • Off Shore Breeze
  • Size: 腰腹胸
  • Suit: 5mm semi dry
  • With: Ikkyu

P1070678 P1070680 P1070681 P1070682

P1070683 P1070688 P1070692 P1070691

P1070695 P1070697 P1070701 P1070705

P1070706 P1070707 P1070709 P1070712

昨夜は会社の忘年会だったので遅めのスタート。朝7時に練馬のパーキングでイッキュウと待合わせた。朝6時の嵐山は気温1.5度。都内はヒートアイランドで10度だった。

丘の上から眺めるライトポイントは、ツースモールだけど綺麗なラインがブレイクしている。駐車場には名シューパーのゴローさん率いるクイックシルバーチームが、エントリーの準備中だった。今シーズン初めて着る、5mmのウェットと格闘するゴローさんのお手伝いをした。そして予感通りにヒデがブルーのコンパクトメルセデスワゴンで現われた。オーノとシンパチと一緒だ。ヤスさんとカズゥは朝一ラウンドを終えたところだ。フーも上がってくる。ロブも上がってきてビーチで立ち話。YUのボードを抱えている。アキシマ君も上がってきた。

正午の満潮への上げ際に期待を込めてエントリーした。ピークのアウトサイドでは、手塚師匠がボードに跨り蛸釣りに集中している。しかし今日は師匠に成り代わってゴローさんが10’のガンでセットのピークをさらっていく。サイズもパワーも無いがロングライドの楽しいサーフだった。湘南から遠征してきたクイックシルバーチームのショートボーダーは、そんな波でもスピーディーにスタイリッシュにメイクする。素晴らしいと思った。予報では南西風が吹き込むとのことだったが風は終日オフで天気は快晴。水はちょっぴり冷たくて気持ちいい。パーフェクトデーだと思った。

師匠の釣果はゼロだったが、蛸釣りのスペシャリストである、こてこてローカルが獲物を潮茹でしている。茹でたての蛸はむちゃくちゃ美味かった。パーフェクトデーだと、また思った。

| | コメント (6)

2006年12月 1日 (金)

061130 恵比寿天窓SWITCH

Dscn1326

赤堀智代さんのライブ

智代さんはsaorinの友達。グレイな海の写真にコメントをいただいた。sachiko & katsuのライブ。ジョニ・ミッチェル。サークルゲーム。茅ヶ崎ライブへとつながり、智代さんのライブを聴いてみたいと思った。

17時半の電車に乗り恵比寿に19時に着いた。ガーデンプレイスのイルミネーションがシュールに感じられた。ウォームアップにジントニックを飲み、智代さんのライブをワイルドターキーのロックを飲みながら聴いた。金木犀・もみじいろ・恋ナミ・主人公・天国への手紙など七曲。メロディーも詩もボーカルもピアノも横顔も醸しだす雰囲気も、すべてに魅せられた。時にジャズフレイバーなピアノプレーがまざる。上質な音達だった。

帰りしな、表通りまで見送っていただいた。

帰宅してからバスルームでぬるま湯につかりながら、キャロル・キング Live at カーネギーホール 1971を聴いた。

| | コメント (4)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »