« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月28日 (木)

060928 レース直前の日々

P1060615

9/15に左脹脛(ふくらはぎ)を痛めてから回復に努めた。そして違和感が消えた週末、茅ヶ崎西浜のビッグウェーブで波乗りをした。月曜日の朝目覚めると、両脹脛に張りを覚え、針治療を受けた。ちょっと知覚過敏状態だ!

昨日は恐る恐るラン&ウォークを行い、その後3mmのフルウェットスーツを着用してシュミレーションスイムをしてみた。このウェットは20017月に南アのJ-Bayで購入したもの。体に馴染んでいて違和感が無く、ホッとした。

今日は“ビスポ・シーンや”にバイクを持ち込み、レース直前の整備をしていただいた。本格的な点検作業を目の当たりにして、テケテケライダーの自分が恥ずかしかった。スパークリングウォーターとドリップコーヒーをご馳走になり、先日の吉田拓郎とかぐや姫の31年ぶりの“つま恋コンサート”を見ながら話が盛り上がった。

060927 ジモトレ

Walk & Mill Run: 15min.

Swim: 500m by Full Wet Suit

060925 水野治療院

脹脛(ふくらはぎ)の針治療と整体

| | コメント (4)

2006年9月27日 (水)

060924 西浜

P1060579

  • HOKLEA6’6 from 10:00am to 12:00pm
  • Off Shore Breeze
  • Size: Head to small size
  • Suit: Spring
  • With Toco, Gen, Uttu & Ikkyu

Typhoon 14の残り波

サーファーの基本は早起きと思い知らされた。風もスウェルもギャランティーで、干潮は11時半と確信して、朝9時過ぎに西浜をチェックした。昨日のハードさは消えうせ、台風一過の快晴の日差しにリップが輝いていた。時たまオバケセットも入り、気持ちが高鳴った。しかしその波達はエントリー直後からパワーとサイズを失っていった。

P1060569 P1060570 P1060572 P1060576

P1060578 P1060584 P1060591 P1060592

P1060602 P1060603 P1060608 P1060611

| | コメント (2)

2006年9月25日 (月)

060923 西浜

P1060548

  • RIP CURL 7’6 from 11:00am to 13:30pm
  • Strong off shore wind
  • Size: Over head & more
  • Suit: タッパー&トランクス
  • With Gen, Uttu & Ikkyu

By Typhoon 14

大潮の干潮11時に合わせてエントリーしようと思っていたが、チェックした段階でハード過ぎると思った。鎌倉に向けて移動したが、東うねりの為にツースモールという情報が入った。Uターンして辻堂をチェックするとツーワイド。やはり西浜の東端、漁港側のレフトピークでやろうと決めた。

続きを読む "060923 西浜"

| | コメント (2)

2006年9月21日 (木)

060921 ケイチョさんへ!

“人のタイムや自分の順位に思い煩うのはやめよう”と、自分に言い聞かせながらも、きっと心のどこかに邪念を抱いていたはず。916日の48kmバイクライド後のラン、1.2km地点で左足脹脛(ふくらはぎ)を痛めてしまった。当然三連休はアクティブレストで、翌月曜日に行きつけの水野治療院で針治療を受けた。48時間のトレーニング禁止令を忠実に守り、今日921日には痛みも違和感も消えた。村上国際のショートレースまで10日。あとは適度な負荷を体に与え、食事に気を使い、規則正しい生活を送るしかないナと思っている。脹脛を再度痛めることなく完走を目指したい。そして自分の実力の範囲内で精一杯レースを楽しみたい。ケイチョさん!ピュアーな心をお持ちのアスリートの方々とお会い出来ることを、心底楽しみにしています!

| | コメント (3)

2006年9月16日 (土)

060919 ゲンタの冒険

ゲンタが帰国。プエルト・エスコンディードには5日間滞在して、アルゼンチン・イスラエル・オーストリア等の国から、この地に集まってきたサーファー達と触れ合いが有ったとのこと。

100_0242 100_0235 100_0250 100_0260

100_0263 100_0281 100_0264 100_0328

100_0305

| | コメント (3)

060916 ちょっと失敗トレーニング

  • Bike: @8.6km x 5 + 5km = 48km
  • Open Run: 1.2km/6min = 左脹脛故障

ジムトレや8時間サーフや3000mスイムの疲労か、水分補給の不足か、やはり6min/kmペースで行けそうだと慢心した為か!左足の脹脛(ふくらはぎ)にピッと痛みが走った。即走るのをやめてトボトボ車に引き返した。シャワーを浴びてアイシング!明日の朝には痛みが引いていますように・・・!

| | コメント (0)

2006年9月15日 (金)

060915 秋雨前線

P1060509

月曜日から降り続いた秋雨が止み久しぶりに薄日が差した。道路のサーフェイスもドライになりバイクライドをしたかったが、今日は千客万来で時間が取れぬまま日が暮れかかった。昨日は市ヶ谷でのセミナーを終えて、千駄ヶ谷の東京体育館でスイムし、帰宅が21時半。あまりの空腹感で気持ちが悪くなった。それにしても仕事帰りにジムに向かうのは勇気がいる。空腹と疲労と秋雨で気持ちが萎えそうになる。そんな時、新潟のアスリート達やパートナーのナガキもきっと戦っているんだと、自分を叱咤激励する。人のタイムや自分の順位を思い煩うことはやめようとも、自分に言い聞かせる。真摯にトレーニングして準備して完走する。タイムが向上すれば自分を褒めてあげる。  ・・・・でしょ?!

060914 東京体育館

Swim: @500m x 6 = 3000m/70min. including interval

060912

Mill Run: 4.0km/30min.     Swim: 500m/11min.

060911

Active rest

060910

Bike: 11km/30min. changing DH Bar position

060907

Mill Run: 4.0km/30min.      Swim: 1550m

| | コメント (0)

2006年9月13日 (水)

060913 メキシカンパイプライン

息子のゲンタからミキシーメールが届いた。彼はスペイン語学科に通う学生で、現在メキシコにショートトリップ中。サーフボードを持たずに地方都市を回っている。先日は世界中のサーファーが集まるプエルト・エスコンディードを訪れ、エントリーしたそうだ。そしてパワーウェーブにリーシュを切られ、激烈な恐怖を味わった(らしい?)。彼が、親父にとって未知なゾーンで波乗りをする。その最初のポイントがメキシカンパイプラインだなんて、ちょっと嬉しい?!

| | コメント (6)

2006年9月11日 (月)

060909 茨城Tリーフ

P1060500_1  P1060503

  • HOKLEA 6’6 from 8:30am to 13:30pm
  • HOKLEA 9’0 from 15:30pm to 18:00pm
  • Weak side breeze to no wind
  • Size: Set Head over
  • Suit: ラッシュ&トランクス

First round for 5Hours

台風12号のスウェルが炸裂した9/3とは打って変って、丘の上から見るライトポイントは弱い東ウネリを受けて弱弱しくブレイクしていた。今日は大潮で干潮は11時。7時の段階では潮が多すぎる様に思えて、30分北上してKリーフをチェックした。途中ロブとすれ違い、“イブキ”までチェックしたがどこも今一との情報をもらった。Tに引き返しボードチョイスに迷っていると、ロブから“ライトで待っています“と声をかけられた。彼とセッションする為にショートを選び、リーシュは小波用の5’にした。

続きを読む "060909 茨城Tリーフ"

| | コメント (8)

2006年9月 7日 (木)

060906 Ring! Ring! Ring!

P1060495  

スピナッチバーを取付けた翌日の土曜日、朝飯前に21kmのバイク走を行った。直線ロードで恐る恐るバーを握ってみると、ちょっと怖い。特に中低速ではバイクがふらつく。ポジションも窮屈で走り込みが必要と痛感させられた。さらにバーの位置が近すぎるようで、次回は一番遠い位置で走ってみたい。色々な試行錯誤が必要だ!

そしてもうワンアイテム、SPORTS BALMというオランダ生まれのマッサージオイルを“ビースポ・シーンや“で見つけた。ロードレースの世界では必須アイテムだが、トライアスリートやランナーへの普及はまだまだだそうだ。僕はテニスの後遺症で脹脛(ふくらはぎ)の筋肉がウィークポイントで悩んでいる。バイクに乗るビフォー・アフターで筋肉のメンテナンスに効果絶大と聞いた。実際、新矢さんは専用バックに多種類の”SPORTS BALM”を用意していて、使い分けをしている。相談の結果、ultra Balm Hotをバイク用に、Hot Balmを真冬のサーフィン用に、運動後の気分転換用にRefresh Fluidを入手した。そして実際にトレーニングの前後に使用してみて、その効果に救われる思いを味わった。

060906

Mill Run:    4.0km/30min.

Swim:        500m/11min. + 500m/9min.45sec. + 500m/11min.30sec. + 50m = 1550m

060902

Bike:          21km/52min.   24km/H   Max. 63.5kn

Mill Run:    3.5km/30min.

Swim:       500m/12min.

| | コメント (0)

060905 七里ヶ浜

  • HOKLEA 6’6 from 15:00pm to 17:00pm
  • Strong On Shore Wind
  • Size: Head and more
  • Suit: ノースリーブTシャツ

台風12号の終焉 at out side of hana’s point

東うねりは房総半島にブロックされて南に向いた湘南には入ってこない。とは言え三陸沖に去る間際にスウェルが半島を回りこんで到着する事もある。ギャンブルを仕掛けるつもりで午後から鎌倉に向かった。そしてサイズダウン、どん吹きのオンショア、上げに向かう潮回りの厳しい状態を突きつけられた。で、ショートボードをチョイスして峰ヶ原とロアの中間ポイントにゲッティングアウトした。面は最悪だがパワーの有るライダブルな波が次から次にやって来る。沖にはロングはおらずショートだけの世界だった。厳しいテイクオフとショートライドの連続だが数が乗れて、いい練習になった。選波眼(せんはがん=造語)の良いグッドサーファーはベストポジションからロングライドを決める。その姿を見つめて、いつも贅沢な波を追い求めている自分を反省させられた。

| | コメント (0)

2006年9月 4日 (月)

060903 西浜

P1060487

  • BEN AIPA 8’6 from 10:00am to 12:30pm
  • Off shore breeze to On shore breeze
  • Size: Head over and more
  • Suit: ノースリーブタッパー(晴れ)

台風12

デカイのが入ってくるのでタッパーを着た。裸だと巻かれるインパクトは弱いが、水面を目指したり、リーシュが切れた時にちょっと不安。クロージーな波でメイクするには細かいターンとトリミングが必要。今日は長い板しか持っていずフラストレーションを感じた。オバケセットを水平線に見つけて誰よりも早く沖に全力パドルした。一本目二本目をかろうじてかわしたが、三本目が目の前で割れた。板を右手に投げ、そしてもろにインパクトを受けた。暗い水中でリーシュよ切れるな!と願いながら、下半身のキックを戒めた。パニックになってじたばたすると即酸欠になってしまう。やっと水面に出てリーシュを手繰る。9’のリーシュは長くてボードを手元に引き寄せるのに時間がかかり、また次の波に巻かれる。それでもセットのピークからのテイクオフを決めると、気持ちが盛り上がる。今日はセット間隔が長くて精神的にとても疲れた。ピークを取ってもインサイドにステーしているサーファーが必ずラインにいる。乗り込んでいないガンボードなので、無理なライン取りが出来ず、波乗りが楽しくない。2回連続ラインに入られたサーファーが弱弱しく手を挙げた。ちょっとディープな気分が癒されて僕も笑顔になって手を挙げた。

オバケセットが入って来なくなり、風が変わりフェイスが荒れてきた。集中力も無くなり、早めにビーチに上がった。赤とんぼがいっぱい飛んでいる。水温がほんのちょっと下がり、秋のシーズンが始まった。

P1060485 P1060486 P1060488 P1060491

| | コメント (6)

060903 湘南点描

P1060478 P1060479 P1060481 P1060484

限界スモールサイズの波に人が少ないOHリーフ。ただし稲村・七里エリアはパニックな、夏の終わり、秋の入り口の日曜日だった。

| | コメント (0)

060903 茨城Tリーフ

P1060464

P1060469

Too Big No Surfing(台風12号)

昨日の夕方、海に向かう為のセットアップをした。波がでかいのは確実なので、アイパの8’6ガンに大き目のフィン(FCS AM TYPE)をセットし、バックアップでホクレアの9’も乗せた。夜明けに丘の上からその波達を見た瞬間、オアフのサンセットビーチで味わったのと同じ恐怖を感じた。このポイントは僕の知識の範囲内では最後の牙城だ。形はライダブルに割れているが、考えられないほど沖で割れている。インサイドのピークでもハワイアンサイズの8’オーバーは有るだろう。波数が多く、しかもフェイスがラフだ。エディー・アウカウならEddie would go ! だが、危険すぎると思った。この湾にブレイクするデカ波に何回となくチャージしてきたが、今日、奥のピークに引っ張られて巻かれたら?と想像したら、それだけで心が萎(な)えた。

P1060471 P1060475 P1060476

| | コメント (2)

2006年9月 1日 (金)

060901 トレーニング再開

手賀沼ショートの結果は、完走255人中総合239位、Swim 213位、Bike 203位、Run 245位、タイム3時間12秒だった。特に失望はしていないが、自分をライバルに2時間30分を目指したいと思った。10/1の村上国際では2時間台に入りたい。

ビスポ・シーンや”に予約を入れて本日チネリ社(イタリア・ミラノ)製スピナッチバーを取付けた。今年の4月に“ゴン太”さんがDHバーに取組んだ記事を読んでから、気になって仕方が無かった。ただし僕の回りのバイクフリークはロードレーサー派ばかりで、DHバーについてはイマイチ否定的な雰囲気が漂うのであった。兎にも角にも試してみなければ始まらない。明日の土曜日は爽やかな快晴の予報。取り合えずマイコースを走ってみよう!

Dscn1161 Dscn1163 Dscn1167

続きを読む "060901 トレーニング再開"

| | コメント (0)

060901 壁面アート

Dscn1159

巣穴   2006 日本画家高橋芙美子作

昨年12月に完成したセンター工場の壁面にアートを飾った。社内外へ”高品位マシンメーカー”でありたい”という願いを発信する為。銀座の個展でこの作品に出逢った時の印象は、“ナウシカ”だった?!

マイブログ開設から昨日で丸一年。アクセス数7万。世界が広がり、良きブログフレンズ達を得た。自分の身の回りの事象と画像を書き込むだけで、心情や意見の類を書くことはしていない。12年前の6月に南アフリカのJ-Bayを目指す機中で、“西浜物語”という表題を決めた。自分の人生におけるClassic Momentsを書きとめようと考えた。宝物のような時間達を表現することに今は気後れしている・・・。

| | コメント (2)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »