« 060823 レストレスト | トップページ | 060830 大学ラグビー 菅平最終戦 »

2006年8月28日 (月)

060827 第1回手賀沼トライアスロン

Dscn1130 Dscn1128 Dscn1129 Dscn1135

Dscn1137 Dscn1139 Dscn1142 Dscn1143

手賀沼トライスロン

  • Swim:  1500m/3033min.?
  • Bike:   37.6km/1H18min.   Av. 28.8km/H    Max. 57.5km/H
  • Run:    9.8km/60min.
  • Time:   33 + 78 + 60 + transitions 9 = 3 Hours ?
  • With:   太田長樹

気温23度、早朝4時に自宅を出発して5時半に現地についた。先に到着していたナガキが、会場に至近のトイレも使える駐車場に誘導してくれた。先週の金曜日から気温が下がり、手賀沼には秋の気配が漂っている。天候に恵まれ二人ともニコニコ。なにか嬉しい。それなりのトレーニングを行い、体に違和感が無く、自分以外の誰とも競り合うことも無い。5月のホノルルトライアスロンは初めてのレースで、最初から終わりまでパニックだった。今日は不安も緊張もまるで無い。純粋にレースを楽しみ、その中でどれだけチャージ出来るかがテーマだ。そしてナガキにとっては13年ぶりのカムバックレースとなる。

スイム: 水温27度。心配していた水質はまったく問題が無い。透明度は30センチだが、アラモアナビーチでも70センチ位だった。スタート直前、先頭に陣取る元気オヤジが“ガンバッテいくぞぉ!”と叫ぶと、全員が笑いながら“オー!”と叫んで、場が和んだ。ふと上を見上げると、手賀沼大橋の欄干には鈴なりの観客、振り返るとメイン会場にも結構な人垣。気持ちが高揚する。スタート直後、どんどん抜かされる。スペースが有るのでバトルという感じはしない。3回に1回位ヘッドアップして方向確認しないと、右に曲がってしまう。ホノルルの時ほどではないが、細かく軌道修正しながら泳ぐ。折り返してからの後半は、ほんのちょっとペースを上げた。ここで心拍数が上がっても、パドルで上半身が疲れても、バイクとランへの影響はたいした事無いヨ!と、自分に言い聞かせながら泳いだ。

バイク: トランジションで靴下を履き、グローブをする。これだけでイケイケトライアスリートと数分の差が生まれてしまう。フラットな片道5kmの沼岸のコースを4往復する。目標は平均30km/Hだったが、往路はアゲインストの風を受けて30km/Hを下回る。最初は慣れないドロップ姿勢で走ったが、周回を重ねるごとに腰が痛くなり後半はブラケット姿勢で走った。スピードライダーに抜かされる度に、ギアーを重くして追走したい気持ちになるが、これが自分の実力と自重した。湿度はさほど高くなく爽やかだったが、こまめに給水した。余裕が生まれると手賀沼の美しい風景が見えてきた。このレースのローケーションは意外にも素晴しいんじゃないか!と思った。コースに散らばる観客、マーシャル、ボランティアの方々からの声援が心底気持ち良くって嬉しい。

ラン: グリコーゲンジェルを飲み、キャップをかぶり、日本手拭(てぬぐい)を手に巻いて走り出した。ホノルルの時ほどの絶望感は無いが、当たり前のように体が重い。抜かれる、抜かれる、どんどん抜かれる。片道1.6kmのコースを3周回。折り返し手前で手首に輪ゴムをかけていただく。気温の上昇と日差しと体温の上昇で、物凄く発汗する。2周目からはエイドステーションで頭から水をかけていただく。ボランティアの青年は水をかけたくてウズウズしている。10分ほど先行するナガキとフィンガーサイン。3周目にはハイタッチ。相当きつそうな表情だ。さらに和太鼓隊の声援に元気をもらう。いったい何十人に抜かれたんだろう?自分が抜かしたランナーは歩いている人だけだ。そして自分に“歩かず歩かず”と言い聞かす。フィニッシュゲートが見えてからはペースを上げた。ホノルルではゴール前でかなり抜かれたのが悔しかった。一瞬背中に息遣いを感じたが、一気に駆け抜けた。ゴールにはナガキがいた。

ホノルルで同じJAL AVAチームのメンバーだった園川さん(千葉県トライアスロン連合理事長)と再会した。マーシャルとしての参加で、バイクステージのスターターをされていた。ますますお元気で来週の”佐渡国際”にエントリーされているとのこと。130回以上のレースを経験しているとお聞きした。

IC近くのロイヤルホストで、ナガキとしみじみランチをした。彼はスイムとバイクで足がつって、苦労しながらの完走だったとか。それでも僕よりぜんぜん速い。その僕はゴール前の激走?で右膝とアキレス腱が痛い。4週間後には二人で“村上国際”に出場する。これから3週間は波が上がればサーフィンが出来る。その前に体のメンテナンスをしよう!

|

« 060823 レストレスト | トップページ | 060830 大学ラグビー 菅平最終戦 »

コメント

>ケイチョコーチ

いつもナイスアドヴァイスありがとうございます。
村上はノーグローブ、ショートソックスで立ち向かいます。

さらに重ね重ね、村上バイクコースの解説、ありがとうございました。
パートナーのナガキも感謝感激しておりました。

10/1を目指して筋肉温存体重減に励みます!

投稿: レジェ | 2006年9月 1日 (金) 17:39

ゴン太さんの言うとおり
ショートのレースにグローブはいりません。
ソックスは練習次第ですね。
普段からソックスなしの練習をして
足の皮を厚くしておかないといけません。
僕はランの途中で皮がむけて痛くなる方が
タイムロスだと思うので、
ソックスはいつも履きます。
ただし、くるぶしまでの短いのを
片足5秒以内に履きますよ。

投稿: ケイチョ | 2006年9月 1日 (金) 08:34

>あらもあなさん

当日はビーチに行くつもりでおりましたが、右膝と右脹脛を痛めてしまい
断念しました。幸い針治療を受けて傷みが抜けて本日よりトレーニング再開です。

Tリーフでは2日間4ラウンドをこなしたそうで、さぞや楽しい時間を
過ごしたことでしょう!

次の機会には是非セッションしたいものです!

投稿: レジェ | 2006年8月31日 (木) 15:12

>tak

ようやくレースの疲れが抜けてきました。今日からトレーニング再開です。
日曜日以降は台風12号のスウェルが入ってきそうですネ。
新しいリーシュとスタビライザーで、良い波に乗っておくれネ!

投稿: レジェ | 2006年8月31日 (木) 15:08

トライアスロン ご苦労様です。これを読むと流石(さすが)に直後の波乗りはムリですよネ。今後 いつ日本へ行けるか分かりませんが、いつか英国か日本で会いましょう!!
それじゃー お元気で!(^し^)

投稿: あらもあな | 2006年8月30日 (水) 05:24

こんにちは(^^♪

レースお疲れ様でした。

手賀沼の水質、
本当に改善されているのですね。

環境の浄化・改善のよい前例として
今後もクリーンな沼を維持してほしいですね。

投稿: tak | 2006年8月29日 (火) 13:01

>ゴン太さん
ノーソックス、一度シュミレートしてみます。
DHバーもネ!
佐渡国際まであと4日。
にわかファンとしてワクワクします!

投稿: レジェ | 2006年8月29日 (火) 12:50

レースお疲れ様でした。
ご苦労様でした。
今回は少しだけ冷静に
走れたのではないかと
想像しています。
村上のバイクトランジションでは
グラブもソックスもせずに
飛び乗ってみませんか?
できればランもソックスを履かずに
突っ走ると良いかなと思います。
トラっぽいですよ。
だけどランは慣れていないと
ずる剥けするので
危険かもしれません。

投稿: ゴン太 | 2006年8月28日 (月) 21:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 060823 レストレスト | トップページ | 060830 大学ラグビー 菅平最終戦 »