« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

060430 ツゥインライド&ラン

Dscn0883 Dscn0886 Dscn0885 Dscn0887

Bike: 43km/1H51min.  Av. 21.0km/H  Max. 60.5km/H

Run: 4.0km/30min.

国立からファンカーゴにバイクを載せてナガキがやってきた。気温24度、快晴で風は乾いて爽やかだ。先日購入したパールイズミ製トライパンツ。期待を込めて着用した。マイコースを一周後、バイクで初めて走るコースに入り山里を縫うように走った。意識的にこまめに給水。2日間の完全休養のお陰で足の疲れが抜けてライドが楽しい。トライパンツの薄いパッドは期待以上の性能で、40kmオーバーのライドでもお尻の痛みはソフトだった。そしてランニングシューズに履き替えて4kmラン。靴紐はオレンジ色のゴム紐を使用。テンションに神経質にならなくてもシューズの履き心地は快適だ。膝とふくらはぎへのダメージを考えて川岸の土手の、芝生の上を走った。ロングライド後のためケアフルにスローに走った。なんだかんだとナガキと話しながらのファンラン。5分位で下半身の違和感が緩和されランニングモードに入れた。昼食後、玉川温泉で汗を流した。

060428  水野治療院

04/25-27のトレーニングで疲労が溜まった。ほんのちょっとだが膝とふくらはぎに違和感が残る。階段を登る時には脚が重く乳酸の影響を感じる。前日から治療予約を入れておいた。針治療はせずに通常の整体と強制ストレッチ。04/28-29の二日間はノートレーニングと決めた。

| | コメント (3)

060429 Catch a Wave

キャッチアウェーブ

Theater_head01

君のためならどんな波にも乗れる・・・・だって!

PS: 去年の夏に原作を読んだ。慶応藤沢に通う高校生が書いたフレッシュな小説。七里・和田・太東・鹿嶋・新島羽伏浦&シークレット&淡井浦・伊豆大浜&多々戸と思い出が重なるビーチがロケーションされていた。新島神ノ子の森を抜けて見下ろすシークレットの海の色は昔と変わらないブルーだった。仲良し三人組が初めてエントリーしたビーチは伊豆大浜。僕は伊豆白浜だった。クロージングで大洋が初めて見下ろすノースショアー。去年の12月が鮮やかに蘇った。

| | コメント (8)

2006年4月28日 (金)

060427 アートスポーツ&東京体育館 5

レース前最終スイムレッスンby 長樹コーチ

Swim: (@100m/2min.10sec. + Rest 3020sec.) x (20 + 1) = 2100m

事前に100m/2min.15secと目標を伝え、ナガキはストップウォッチを持参した。1本目、2min.ジャストで泳げた。15sec.では辛いので30sec.インターバルとした。@500mごとに3min.のレストを入れて、後半は20sec.インターバルにした。タイムキーパーがいると本数カウントに気を使わずスイムに集中出来る。さらなるスピードアップの為には、水中で推進する時の体幹の伸びかな?と思っている。

アートスポーツ渋谷でナガキと待ち合わせ、グッズ類を購入した。トレーニング後はAIRのマネージャーで元水泳部の田原さんが加わり反省会。

P1040639 Dscn0881

| | コメント (2)

2006年4月27日 (木)

060426 ライド&ジムトレ

Bike: 5km + 20km + 8km Mill Run: 5km/36min. Swim: 500m/12.5min.

17時半の定時にオフィスを飛び出し笛吹峠周りでジムへ。バイクライド20km後のミルランは時速8km位がちょうどいい。時速12km (5/km) のペースで走ってみたが数分しか続かない。このペースでフルマラソンを走ると3.5H! 知り合いの顔が浮かぶ。スイムは腕が重く感じられた。バイクのヒルクライムの影響だろうか。帰りのバイクはライトの角度調整が効いて、安全度がちょっと改善された。トライな夕べだった。

| | コメント (2)

2006年4月26日 (水)

060426 朝食ライド

Dscn0871

菊地武洋コーチから、起床後に軽い運動をして、その後に朝食を取るとダイエット効果が高いとの教えを受けた。会社までは4.8km/15min.の距離なので、ブレッド&コーヒー持参と決めた。昨日は気温の低さを見極められず寒い思いをしたので、ウインドブレーカーを着て、グローブも冬用にした。オフィスに着くとグローブ内に汗をかいている。指の出ているライディンググローブもバックアップで持参すべきだった。毎日が“気づき”の日々だ!

060425

Bike: 4.8+10+8=22.8km Mill Run: 4.5km/30min. Swim: 500m/12.5min.

朝食持参のジテツー。朝の気温とウェアーとグローブのミスマッチで寒い思いをした。経験不足による判断ミス。17:45pm、明るい内にオフィスを出てジムを目指す。夜の走行に備えて工場に入る時に使用している防塵メガネを転用した。ジムでの着替えはトランジッション気分。ミルランはウォーキングから10km/Hまで徐々に速度を上げていく。9kmだと楽だが10kmだと苦しい。プールは総てのレーンにウォーカーかスロースイマーが一人ずつ入っている。しかも左側や真ん中を泳いでいたりする。げんなりした気分で、ただ一人右側通行を守っているスイマーのレーンにエントリー。ただし我関せずのクールダウンモードの為に追いついてしまう。東京体育館では厳禁だが、致し方なく追い抜き。レーン区分の看板が立っている時もあるが、プールスタッフは21pmのクローズタイムに向けて忙しくクリーニング作業にいそしんでいる。片田舎のスポーツジムの限界か? バイクライドとミルランの汗で冷たいウェアーを着て、夜間のバイク走行。前照灯がサイクルコンピューターと干渉して照射角度が外側を向いている。明日までに調整しよう!

| | コメント (2)

2006年4月25日 (火)

060425 VERY MUCH MORE SHOP

P1040564_1

サーフレンズ (Surf Friends) saorinが展開するネットショップ

最近Bamboo Charcoal Soap を使用している。

洗いあがりのしっとり感が気にって入る。

| | コメント (2)

060423 日曜トレーニング

Mill Run: 5km/40min. including 10min. walk   Swim: 500m/12.5min.

昨晩の上田正樹ライブの帰り、3人で地元の行きつけの焼き鳥(豚)屋で興奮を癒した。47日の新入社員歓迎会以来禁酒していたので、久方振りのレモンハイだった。ストレスになってもいけないので週末には2杯くらいを自分に許そうと思っていたが、トレーニングを重ねる内に飲むのが惜しいような心境に陥っていった。結局代行車を呼んで帰宅したのが真夜中過ぎ。青山の秩父宮ラグビー場に日韓戦を見に行くつもりでいたが、天気が悪いのと休養優先でTV観戦とした。メンバー交代して望んだ後半戦はフラストレーションを感じる展開で釈然としなかった。気分を入れ替えてバイクランでジムトレだ!と決めてタイヤのエアー調整。後輪を終えて前輪にエアーを入れている最中に突然後輪がパンクした。訳が分からず、新矢さんのプロショップ・ビスポシーンやへ車で30分。結局チューブの成型不良とのお見立てでフリー交換。ついでにチューブ交換の手順を懇切丁寧に指導していただいた。スペアーチューブと追加のカーボン製ボトルホルダーも購入。運良くお客さんの切れ目の時間で、美味しいストロングコーヒーをご馳走になりながら、色々なお話を聞くことが出来た。テケテケビギナーにグローバルな実績をお持ちの最高のメカニックがフレンドリーにお相手している!という図である。コーヒー、めちゃくちゃ美味かったです! ありがとうございました。

| | コメント (6)

060424 救世主大橋さん

寂動正體療法のHPがリニューアル!

ホノルルトライアスロンレースを5月14日にひかえ、月島の小綺麗な高層マンションの一室に大橋さんを訪ねた。腰痛の苦しみから解放された今も12ヶ月に一度のペースで寂動正體療法を受けて、体調のケアーと向上に努めている。

続きを読む "060424 救世主大橋さん"

| | コメント (0)

2006年4月23日 (日)

060422 上田正樹ライブ

P1040626 P1040628 P1040630

人は出逢うべき人と出逢い、出逢うべき波に巡り逢い、出逢うべき書に出逢い、そして出逢うべき音に出逢う。日本のミュージックシーンの中心から遠く離れた山里の小さなライブハウス Honky Tonk で、グローバルスタンダードを遥かに突き抜けた音に出逢った。上田正樹、キー坊はまるで枯れることを知らず、パワーアップして僕の目の前2メートルで全開のパフォームをした。東洋最強のスーパーキーボーダー・ベーシスト・ドラマー・ギターリストを連れてきたという。そんな馬鹿な!と思った刹那にスコット・レーサムのドラムが炸裂し、心を打ち抜かれた。

続きを読む "060422 上田正樹ライブ"

| | コメント (4)

060422 バイク強化ライド

P1040625 Dscn0863 Dscn0865 Dscn0870

40km/1H54min.  Av. 19.5km/H   Max. 58.5km/H

サイクルライターの菊地武洋さんからバイクライドの強化オファーをいただいた。千載一遇のチャンスと思った。翌朝僕の町のドトールコーヒーにバディー竹内さんを含めて三人が集合した。僕らの逸(はや)る気持ちを制するように、菊地さんは運動生理学の基本知識のレクチャーを始めた。有酸素運動と無酸素運動のATポイント(切替点)を高めるトレーニングの重要性を学んだ。LSD (Long slow distance) トレーニングを重ねることにより、高い心拍数までATポイントを引き上げることが出来るという。

続きを読む "060422 バイク強化ライド"

| | コメント (3)

060421 西浜

  • HOKLEA 6’6 from 15pm to 17pm
  • Side offshore to too much strong onshore
  • Size: Junk 肩頭オーバー
  • with saorin & ryoma

南西の風が夕方に凪(なぎ)ることを願って湘南に向かった。14時半に西浜をチェックした。夢のように無風でグラッシーでノーバディー。小潮の干潮を16時半にひかえてショルダーがまだまだ張っていないが、期待以上のコンディションに胸が躍った。

30年間車を駐めさせていただいている知人宅の前の道が saorin path。その道から自転車に乗った彼女があらわれる。

saorinと西浜正面のエントリーゾーンに歩いていくと、辻堂からコキコキ駆けつけて来た竜馬がアウトサイドのピークからビーチインサイドまでレフトの波を乗り込んでいる。6’10のファンボードが楽しそうだ。そしていきなり大西(オオニシ)が吹き込んできた。エントリー直後に2本、サイズの有るピークを捉えたが、その後は一気にコンディションが厳しくなった。そんな中saorinが根性のゲッティングアウト。腕のパワーがウィークでドルフィンスルーが決まらず苦戦するが、何度も何度もトライしてアウトサイドまで抜けてくる。

強い風の中、saroinと竜馬と僕がハッピータイムを楽しんだ。竜馬は経験豊かにこの状況でも確実にピークを捉える。今日のボードチョイスは僕には短すぎたようだ。Saorinと竜馬、今日はありがとう!また一緒にサーフしよう!

P1040608 P1040610 P1040613 P1040615

P1040618 P1040620 P1040621 P1040623

| | コメント (6)

2006年4月20日 (木)

060420 トレーニングオフ

P1040576 P1040579

P1040583 P1040590 P1040593

午前中に寒冷前線が通過してまとまった雨が降った。明日の波が気になる。

予定通りノートレーニングデーとして、午後から水野治療院で整体治療を受けた。筋肉の状態は良好で、ふくらはぎ・腰・太腿前側のところどころに針を打っていただいた。治療の帰りに雨上がりの春を撮影したが、枝垂桜や赤白の花をつけた子桜が午前中の雨のせいですっかり色あせてしまっていた。彼ら彼女らは昨日がピークだったようだ。

会社の桜 11 

P1040604 P1040605 P1040606

葉桜の一歩手前。花もいいけど新緑はもっと好きだ。

| | コメント (0)

060419 通勤ライド

P1040567 P1040569 P1040571

Bike 24km(自宅/会社/ジム/会社)/1H13min./Av. 19.4km/Max. 61.5km

Mill Run 2km/15min. Swim 500m/12’20”

2日間連続のライドで筋肉痛は無いが太腿の筋肉が重い、しかしバイクライドへのモチベーションは高い。ライドの筋力アップとライディングパンツではなく、スイムパンツで40kmを股間の痛み無しに走れるお尻を作りたい。

続きを読む "060419 通勤ライド"

| | コメント (9)

2006年4月19日 (水)

060417 白戸プロ最終レッスン

P1040548 P1040551 P1040554 P1040557

ライブ明けの日曜日。体力的にも精神的にも消耗していたらしく、ライブレポートをアップした後は夕方までJAZZを聴きながらうつらうつら夢の中を漂っていた。

そして月曜日の朝6時に自宅を出発。8時半に日本エアロビクスセンターに到着。9時半にチーム日経BP全員集合。白戸太郎プロ、菊地武洋ライター、山口カメラマン、バディー竹内さん、大村さん、シーゲ田中、笹本、有、総勢9名。爽やかな快晴で気温はピリッと低い。白戸プロが的確にトレーニングメニューとタイムスケジュールをビルドアップ。

続きを読む "060417 白戸プロ最終レッスン"

| | コメント (5)

2006年4月16日 (日)

060415 AIR LIVE at NaNa Cafe

P1040446 P1040449 P1040450 P1040455

P1040459 P1040463 P1040465 P1040466

P1040483 P1040495 P1040499 P1040522

P1040526 P1040529 P1040471 P1040479

生まれて初めてのライブが終わり、楽しい打上げ会が跳ね、友にさよならして残された僕達。カフェオーナーの映子ちゃんが“お疲れ様コーヒー”を淹れてくれた。

深夜過ぎに帰宅して、満ち足りた気持ちで寝入りそして目覚めた。まるでセンチュリーライドの翌朝のようにほっとした気分で達成感を味わっている。これで来月のホノルルトライアスロンに向かって集中出来るとも感じている。

続きを読む "060415 AIR LIVE at NaNa Cafe"

| | コメント (12)

2006年4月14日 (金)

060413 西浜

P1040424 P1040425 P1040426 P1040427

P1040433 P1040434 P1040435 P1040436

P1040429 P1040430 P1040437 P1040438

  • HOKLEA 6’6 from 13:30pm to 16:15pm
  • No wind
  • Size: set Overhead over

One man peak in Classic Nishihama

昨日の湘南ザ・デーはノーマークだった。

今日はサイズが残り風も期待出来るので、急遽海行きを決めた。そして今日は西浜だ!と思った。昨年の10月以来エントリーしていないし、人知れずぽつねんとサーフしたかった。

その西浜は70年代の面影を残し、クラシックな雰囲気に包まれていた。

14番目の月の大潮。干潮が11時で満潮が17時半。潮のミーンタイムの13時半にエントリーした。引き潮と上げ潮が拮抗して潮が止まっている時間帯の為、波数が少ない。ミドルポジションのピークを狙ったが乗れない。セットのピークは、はるか沖でワイドに割れる。そのピークのショルダーまでやっとの思いでパドルするが、ポジションが取れない。沖にサンドバーが出ているらしく、テイクオフの瞬間にサイズがダブルアップする。風が無くフェイスがグラッシーでスピード感が無く、ベストポジションと信じてテイクオフしたトップからボトムまで落とされた。途中でボードに絡まないように必死でショルダー側にボードを押し出した。そんなこんなでやっと乗れたファインライドまでに1時間もたっていた。潮が上げに変わると波数が増えてライディング本数も増えてゆく。テイクオフの瞬間はボトムに飛び降りる感覚で迫力があるが、潮が多すぎてインサイドのショルダーが張らない。次に来る時には引き際の西浜にエントリーしよう!

| | コメント (6)

060412 東京体育館 4

気圧配置の流れから湘南にビッグウェーブが入るなんて思ってもみなかった。朝からノーマークで、帰宅後に、ゲンタからの湘南Kリーフに行ったの?というメールを見たときには、一瞬何事が起こったのかと混乱した。自分の持つナレッジなんてたかが知れていると分からされてしまった。

@500m x 6 = 3000m/89min.20sec (Net 84min.) 100m/2min.48sec

東京体育館でのスイムは緊張感が持てる。しかし相変わらずのスロースピード。そのかわり3000m泳いでもたいして疲れない。静水面を一定のリズムでしかもノーキックで泳いでいるからだろう。サーフィンの激しさとは比べられない。

JR千駄ヶ谷駅はすっかり春色だった。

Dscn0855

| | コメント (0)

2006年4月12日 (水)

060412 春のサーフィン(会社の桜10)

雨の日が続く。南風が入り温かい春雨。

2月から3月の季節の変わり目には低気圧が次々にやってきて、湘南にもノース茨城にもパーフェクトウェーブが押し寄せる。4月中旬を迎えた今は、春のハイシーズンのピークが去ったような気がしている。そして次のテーマは、ゴールデンウィークの渋滞の隙間をぬって出かけるショートトリップ。“若葉の頃” (First of May) はビージーズの初期の名曲。5月にはメイストーム (May Storm) がやって来る。GW中にやって来ることもある。気持ちを切らさず天気図を毎日見つめる。

P1040423

| | コメント (2)

2006年4月11日 (火)

060411 AIR LIVEのお知らせ

4月15日(土)森八中系フォークソングバンド AIR のライブ                   会場:ナナカフェ(15pmよりドリンク&フードOK、カバーチャージフリー) 

中央区日本橋茅場町2-3-10  Tel03-3664-5748                                   地下鉄茅場町駅612番出口、徒歩3分、平成通り、坂本町公園前のモスバーガー並び、キャパ20名位の可愛いカフェ

1回目16:00pm16:30pm 2回目17:00pm17:30pm                         3回目18:00pm19:00pm

曲目:20036月完成のオリジナルCDより10曲&新曲4曲&その他

曲名              詩曲

十五の君                                   

君の笑顔              糸賀

幸せになるために2        有

浅い夢                

みつめないで           野崎

Career Up Girl                 

真夕(まゆ)                      野崎

AIRG線上のアリア)                   バッハ

水の影             荒井由実

日食モグモグ          tomo.c &糸賀

昔の彼へ            a.oya &

ESCAPE              a.oya &

遠い日                

恋心                    野崎

November Song                                  

Baseball Kid               有                           

                                                                Guest Singer: MIRAI

当日のご都合が良くて、ご気分が向いた方は是非聴きに来て下さいナ!

| | コメント (2)

2006年4月10日 (月)

060409 アンタレスお花見ライド

Dscn0835 Dscn0840 Dscn0841

Dscn0842 Dscn0848 Dscn0852

First riding impression

33.5km/1H46min. Av. 18.9km/H Max. 61.0km/H

次から次に春爛漫でちょっと走っては撮影またまた撮影で先に進めない。

周回15kmのマイコースには遠山峠と笛吹峠が含まれる。白戸プロの教えを守って軽いギアーでペダルを高回転で漕ぐ動作を体に刷り込む。グレードアップしたアンタレスは走行・登行・コーナリング・ブレーキング・加速・ギアーチェンジ等々すべての面で二割アップな印象を受けた。

一周目は快適に気持ちよく走れたが二周目に入るとサドルに当たる股関節付近が痛くなってきて、コンスタントにペダリングが出来ない。下半身も重くなってきてパワーが出ない。甘く捉えていたが、しばらくまとまった距離を走っていない内に走りの感覚と筋力が失われてしまったのだろう。

トライアスロンを意識してライディングパンツを履かずにCW-X(ランニングパンツ)を使用したのもいけなかった。サドルの刺激に慣れるまではパッド付きのライディングパンツを履こう!

| | コメント (0)

2006年4月 9日 (日)

060409 茨城Tリーフ

P1040405 P1040402 P1040408

  • HOKLEA 6’6 from 5:30am to 7:30am
  • Side on shore to on shore wind
  • Size: Jank 肩頭オーバー

ギャランティーと信じて夜明け前にビーチに着いた。西北西のオフショアーのはずが、すでにサイドオンの北東風を受けて面が荒れている。それでもエントリー直後は数本良い波に乗れたが、すぐにオンショアーが強まり厳しいコンディションになってしまった。手塚正延師匠から昨日は最高の波で57歳の彼が2ラウンドやったと聞いた。例のYou should have been here yesterday ってか!

ピークでお会いしたタカヤマのロンガーさんからブログ見てますヨ!と言われて恐縮した。スターはKリーフにエントリー。ロブ&佐藤くんと久しぶりに会い、朝食を一緒にした。

| | コメント (4)

060408 AIR LIVE リハーサル

13pm17:30pm at ナナカフェ

Dscn0818 Dscn0827 Dscn0829

AIR初の単独ライブを一週間後に控え真剣にリハーサルを行った。糸賀が曲を付けた新曲“日食モグモグ”の詩を提供してくれた TOMO.Cさんが最後まで付き合ってくれた。

| | コメント (3)

2006年4月 8日 (土)

060407 謝恩会

新入社員、昨年の新入社員、一昨年の新入社員、10年前の新入社員

Dscn0799 Dscn0793 Dscn0797 Dscn0813

誰の為でもなく自分の為に幸せを!

そして家族、地域、日本、人類、地球の為に尽くそうか?

総ての事象に誠実に・・・・っす!

| | コメント (2)

2006年4月 7日 (金)

060407 会社の桜 9

P1040390_1

ほぼ満開。

今日は19時より会社主催の謝恩会。70名ほどの会となる。

新入社員5名。40・30・10年永年勤続者4名が主役。

5月14日のトライアスロンをひかえて、今晩が飲み納めのつもりでいる・・・?

| | コメント (0)

060406 Swim lesson

Dscn0787 Dscn0785

新宿コズミックセンター with 太田長樹

@500m x 3 = 1500m

東京体育館前に15時に集合したが生憎の臨時休館日。

電話取材の結果、高田馬場駅から徒歩10分、早稲田大理工学部隣の新宿区の施設であるコズミックセンターに転進した。

にぎやかな環境ではあったが、50m/15秒~10秒のペースで泳いだ。ナガキは25m14ストロークで泳ぐ。僕は24ストロークを20ストロークまで縮めた。1ヶ月ぶりのフォームを見て、見違えるように力が抜けていると褒めてもらった。

ナガキのコーチングもあと一回きり。

次回までには25m18ストロークで泳げるようにしたい。

| | コメント (0)

060406 波羅門 創刊号

P1040388

SURFER’S MIND MAG

石井秀明氏の新たな挑戦。

悟りの道につながるという視点からサーフィンを見つめている。

60年代、70年代を経験しているオールドスクールからフリーライドジェネレーションのための雑誌で、ヤングジェネレーションにも読んでもらいたいとうたっている。されど哲学、宗教、仏教、歴史、日本史、西洋史、美術史等々の諸知識をベースに読み進まないと太刀打ち出来ない文章が羅列される。これこそ彼のスタイルなのだろう。

僕は19756月の伊豆白浜がサーフィン初体験だった。ショートボードレボリューションの真最中で、中古のTEDのボードはダイヤモンドテール。色はパープルピンク。今思い出すと胸肩の波に翻弄され、当然ノーリーシュのために何度も板を流した。そして1976年の6月からは茅ヶ崎西海岸の知人のガレージに板を置かせていただき、川崎から湘南電車で通いつめた。西浜を基点に柳島からパークまで歩いて移動した。

続きを読む "060406 波羅門 創刊号"

| | コメント (8)

2006年4月 6日 (木)

060406 会社の桜 8

P1040374 P1040379

9分咲き。

昨日の雨は夕方には上がり、今朝は快晴できりっと気温が低い。低気圧が東にぬけて湘南には波がある。ノース茨城にはビッグセットが押し寄せていることだろう!

今日はスイムトレーニングの日。

マーフィーの法則で大事なアポの日に波が立つ。

波乗りに集中するために大好きだったゴルフもやめた。一昨年も昨年も自分がホストを務める会社の招待コンペでプレーしただけ。当然思ったようなプレーは出来ない。でも必ずまたシリアスゴルファーに戻る日が来る。そしてボードとクラブを携えてアイルランドとスコットランドのリンクスに行ってみたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

060405 走れトライアスリート

Cimg0121

高校山岳部の一年後輩であり、今は僕のスイムコーチでもあるナガキからメールが届いた。添付されたバイク画像に釘付けにされた。ヴィンテージな印象だけれど、僕の赤いバイクとは比べようもない走りのオーラに満ち満ちている。

>キッズトライアスロンに貸し出した時のままで・・・埃を被って品川の事務所に眠っていた私のバイクです。赤いバイクを見てしまったからかと言うわけではないのですが、今日起こしてしまいました。少し手を加えて(最近のパーツに乗せかえて)春の多摩川辺リを走ってみようッと!

<ナガキの実績の一端>

1991の年間トレーニング量:スイム 99㎞:バイク1378㎞:ラン745

1992の年間トレーニング量:スイム132㎞:バイク1737㎞:ラン534

1992 第6回全日本トライアスロン選手権大会 於茨城波崎 ゼッケン 418

Swim      2km      0:36:16    (148.8/100m)

Bike      90km     2:37:36            (34.29km/h)

Run      21km      1:53:56           (11.05km/h)

Total   113km      5:07:48

僕の術中にはまるもはまらぬも君次第。

明日のスイムトレーニングよろしくね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

060405 会社の桜 7

P1040355 P1040359 P1040362 P1040364

8分咲き。

朝の曇り空から小雨へと、そして本格的な春の雨となった。

明日、明後日に満開となる。

060404

茅場町界隈では花吹雪が舞っていた。

P1040351

月島に出向き大橋先生の寂動整体の施術を受けた。トレーニングの疲れが溜まり体が固くなっていて、痛い施術となった。5月14日のトライアスロンに合わせて、あと一回お願いするつもりだ。

060403

桜の木に月がかかった。

P1040301

| | コメント (0) | トラックバック (0)

060404 茨城Kリーフ

P1040303 P1040320 P1040313 P1040324

P1040325 P1040330 P1040338 P1040339

  • HOKULEA 6’6 from 7:45am to 10:15am
  • Side off to no wind to side onshore
  • Size: set ヘッドオーバー&クローズアウトセット

昨日、スターから挑戦状メールが届いた。朝一Kリーフで待つとのこと。夜、電話で意見交換。彼はスウェルが大きくなりすぎ南西風も入るので、一日様子を見たいと言う。僕は夜明けの情報と気分で決めると伝えた。

河口から満潮のピークに向けてエントリーした。ドルフィン一発で目が覚める。僕と入れ替わるようにラインナップから二人のサーファーがビーチに上がった。ごく弱い南西風を受けているが、印象よりフェイスが綺麗だ。沖では漁船の撒き餌に数百羽のカモメが群がる。

二十羽位で編隊を組んだ渡り鳥が南西の風に乗り、次々と北を目指す。昨日の強烈な北西風をやり過ごし、今日が旅立ちのザ・デーなんだろう!

エントリーしてくるサーファーには遠目の位置から挨拶する。

ホットローカルは目を合わせることをせず、ビジターのライディングには顔をそらす。セットのピークからテイクオフ。ライディングコースと彼のゲッチィングアウトルートが重なる。ラウンドハウスカットバックの途中で目が合い、彼が笑顔を見せた。二人きりのピークで話はしないが空気が緩くなった。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

060403 会社の桜 6

入社式

六分咲き。北西風が強く吹き荒れているが、空は気持ちよく晴れ上がった。入社式に引き続き、新しい一年の安全を祈っての祈願祭を執り行った。新人はすくすくと育って欲しい!

P1040281 P1040284 P1040298 P1040295

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

060402 新星アンタレス

P1040276

午前中に“ビスポ・シーンや”へ、リ・ビルドされたマイバイクをピックアップに行った。主要パーツがグレードアップされ、特にマビックホイールをはいたアンタレスは照れくさくなるほど精悍に見えた。新矢オーナーに前後ホイールの着脱のポイントを教えていただき、車内への積み込みの方法も指導していただいた。

地元に戻り、雲行きが怪しいがトライアルライドに出かけた。雨が降ってきたら即撤収出来るように、基点となる場所まで車で移動した。一周3キロのマイランニングコースを2周したところで小雨が降ってきてしまった。

トータル車重が軽くなり走りが軽快だ。ギアーチェンジのタッチもしっかり。ライディングポジションも矯正され、もっと走り込みたかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

060401 千鳥ヶ淵お花見会

Mugoo 6’1 主催 15pm 20pm

P1040165 P1040166 P1040170 P1040178

P1040180 P1040181 P1040182 P1040190

P1040177 P1040196 P1040197 P1040209

P1040217 P1040219 P1040226 P1040230

P1040233 P1040235 P1040236 P1040239

生まれて初めて自発的にお花見会に参加した。

平河町にあるマグーは、3年前に築地のまぐろ屋で一回り年下の後輩、岡野竜一が開いたサーファーズダイニング。その店に集う客達が参加してのお花見会は盛り上がった。

風が穏やかで温かな日。桜は満開を迎えほんのちょっと散り始めている。築地直送の刺身と、七輪で焼く魚介類は本当に旨かった。赤ワインとビールと八海山で酔っ払った!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »